確定申告は税理士におまかせ

女性の中には、結婚や出産を機にフリーランスとして働く道を選ぶ人が増えている。
なぜなら、通勤時間に束縛されることがないし、家事や育児をしながら仕事のスケジュールを管理することができるからだ。
けれど、このような場合には自分で経理を行わなければいけない。
会社に勤めているならば技術と経理の部門が分かれているが、フリーランスはすべて自分が引き受けるからだ。

特に気をつける必要があるのは、確定申告である。
年に一度、どれだけの収入を得て、どのような経費がかかったのかを算出することによって、所得金額が決まるからだ。
それによって税金を納める場合もあるし、経費や控除が多いなら還付金をもらえるケースもある。
確定申告のシーズンは税務署などの会場が混雑する傾向があるので、早めに帳簿を作成して提出しておいた方が良い。
そのためにも、日頃から帳簿をこまめに記入しておくことをおすすめする。
領収書も一枚ずつ丁寧に保管して、すぐに帳簿と照らし合わせることができるようにするのが望ましい。
尚、経理が不得手であったり帳簿を記録する時間がない場合は、税理士に書類の作成を依頼することも可能だ。
確定申告がスムーズに行われるので、税理士に対する問い合わせは増加している。
また、日頃から相談していると節税に有効なアドバイスをしてもらえるので、とても参考になる。
もしも帳簿の記入方法など経理に関する不安や質問があるなら、税理士がおすすめだ。